HOME  »  吉田しげる歯科ブログ  »  その他  »  自発的な定期検診

自発的な定期検診

みなさんこんにちは



今日は素晴らしい話を聞いたので報告します。



私が乗ったタクシーの運転手さん(30代男性)の話なのですが、彼は以前親知らずに虫歯ができて、痛くて歯医者さんで抜いてもらったそうです。[:ムニョムニョ:]



普通であれば、この後大変だった・痛かったの繰り返しで話が終わってしまうのですが、彼は違いました。



その時、他の親知らずの抜歯も担当の歯医者さんに勧められたそうです。そして、どうせ最後は虫歯になって痛くて抜く羽目になるのであれば、虫歯になる前に抜いてもらおうと思い、残りの親知らず3本すべて抜いてもらったそうです。



そしてそれ以来、年に1回は必ず歯科定期検診に行き、その時に歯石取りと歯のクリーニングを受けているとのことです。[:イヒヒ:]



彼は、『仕事柄いろんな人と話をするが、年配の方に「歯だけは大切にしないと食事が美味しく食べれなくなるよ」と何度も言われるので、気をつけている』とのことでした。



また、定期検診に行くようになって、歯医者さんが怖くなくなったと言っておりました。



このまま順調にいけば、彼はきっと快適な老後(食事に関して)を送れることと思います。

何より素晴らしいのは、歯医者さんが怖くなくなったということだと思います。

定期的にチェックし、最適のタイミングで最小限度の治療を施すことが可能です。



また基本的に歯の治療ではなく、歯のメインテナンスに行くのですから、怖さがありません。[:ラッキー:]

治療してもらうのではなく、治療しなくても良いように歯科医院を利用する。

それを自発的に行っているのです。



吉田しげる歯科で患者さんひとりひとりにお話していることを、彼はすでに実践していました。



私たちは、患者さんが定期検診を受けるときに、美容室のように気軽に通えるような雰囲気を目指しています。この運転手さんのような方を一人でも増やすことができたら・・・そう願っています。














トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yoshida4618.com/mt4618/mt-tb.cgi/2140

コメントする

※コメントは承認制とさせていただいております

このページのトップヘ戻る