HOME  »  吉田しげる歯科ブログ  »  その他  »  歯列矯正セミナー

歯列矯正セミナー

みなさんこんにちは

今週はいかがお過ごしでしたか?



私はMTM(部分矯正)セミナーの第3講を受講しました。

今回はセファロ(頭部X線規格写真)診断とスクリュー床拡大装置の作製です。



部分矯正セミナーのはずなのですが、今回はどちらかといえば全顎矯正の内容でした。部分矯正でも診断は非常に重要なので、とてもためになりました。





(大学で学んだものとは別のセファロ診断でした)



スクリュー床拡大装置は、自分の歯形を元に自分の歯列に装着できるものを作りました。そして出来上がったものを装着し、使用する患者さんの気持ちを疑似体験するというものでした。





(自作したものは最終仕上げまで済んでいないので、見本の写真を出しています)



実際に装着しようと試みたのですが、赤い床の部分が歯ぐきに当たって結構痛いのです。強く当たる部分を削って、やっと装着する事ができました。



吉田しげる歯科では今後使用する機会もなさそうな装置ですが、床の部分は入れ歯と同じ材質なのです。ほんのちょっとでも具合が悪いと入れ歯はとっても痛いという事を身をもって体験でき、別の意味でためになりました。義歯の患者さんに今まで以上に親身になってあげられそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yoshida4618.com/mt4618/mt-tb.cgi/2196

コメントする

※コメントは承認制とさせていただいております

このページのトップヘ戻る