HOME  »  吉田しげる歯科ブログ  »  その他  »  ハワイで学会発表 Part-1

ハワイで学会発表 Part-1

みなさんこんにちは

今週はいかがお過ごしでしたか?



私は、先週の金曜日から今週木曜日まで、

学会発表のためハワイに行っておりました。



日本歯周病学会とアメリカ歯周病学会が約3年に一度合同で年次大会を開いているのですが、それが今回ハワイであったのです。





ハワイは10年ぶりです。10年前も、日・米歯周病学会の合同年次大会に参加するためにハワイに行きました。懐かし〜。







これは初日のホテル到着時。

日本とハワイは時差が19時間あり、みんなボーっとしながら説明を受けてます。





無事到着した事を祝って、まず昼食。

持っているのはバドワイザーです。

日本では見ない缶ですね。





前回と違って雨期に入りかけていたので、晴れたらハワイらしいジリジリとした暑さなのですが、曇りになると思いのほか涼しくて、過ごしやすかったです。







部屋がパーシャル・オーシャンビューだったので、夜景も海と街と両方見えます。

さあ明日から学会です。







学会場は10年前と同じハワイ・コンベンションセンター。

美しいですね。





メイン会場は3000名ぐらい入りそうな大きな会場です。





私はポスターセッションで発表しました。

米国との併催とはいえ、日本人の発表を見に来るのは日本の先生方ばかり。

なのにポスターは英語指定なんですよね。





スーツではなく、アロハシャツでポスターの解説をするのがハワイらしいところです。





企業展示ブースでは、新しい材料を発見できたりします。



これは私が多用しているCYTOPLASTの製造販売元、

osteojenics社の展示ブースです。

以前よりもブースが大きくなってますね。





知らない間にsybron dental社でもCYTOPLASTを扱いはじめたようです。





これは別のブースの香り付きグローブ。

チェリーやグレープ、バニラ等いろんなフレーバーがありました。

におい付き消しゴムみたいで、香り自体は今一つ。



今回は掘り出し物はありませんでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yoshida4618.com/mt4618/mt-tb.cgi/2261

コメントする

※コメントは承認制とさせていただいております

このページのトップヘ戻る