HOME » インプラント »  長所と短所

長所と短所

インプラントの短所

手術が必要です。
インプラントは手術が必要です。インプラント治療の最大の欠点は、手術が必要な事です。

しかし、顎骨というものは感覚が非常に鈍いので、歯を治療する時と同程度の麻酔の方法で無痛の状態で手術を受けられます。一度インプラント治療を経験している方の話を聞かれればきっと納得される事でしょう。歯を抜くのに比べたら、治療後の違和感もずっと少ないです。

また手術とは言っても、お口の中の小手術ですから、実質の治療時間は30分〜1時間程度で済みます。(注:診療室に滞在する時間はもっと長くなります。)

私がインプラント治療を行なった方の術後の感想で一番多いのは、『もっと大変かと思っていた。』というものです。
手術が必要です。について
インプラントに無理をさせすぎる可能性があります。
噛んだ時の感触が天然の歯よりも少ないので、インプラントに無理をさせすぎる可能性があります。

インプラントは強いので何でも噛めます。しかし強いインプラントにも当然限界があります。
インプラントに無理をさせて、ウメボシの種のように固いものを食べ続けると、突然インプラントがグラグラしてきて抜け落ちたりする可能性もあります。

通常のお食事でインプラントがダメージを受ける事はまずありませんが、安心のため治療後の食生活は担当の先生の指示に必ず従ってください。。
インプラントに無理をさせすぎる可能性があります。について
歯周病になる可能性があります。
インプラントは歯周病になる可能性があります。歯周病になったインプラントはそのままにしておくと抜け落ちてしまいます。吉田しげる歯科では、歯周病専門医による歯周病のチェックと治療を行っています。

歯周病の方は、まず歯周病の治療を行ない、それに合わせてインプラント治療を行なうというのが、世界標準の治療です。

歯周病になる可能性があります。について
短期間でインプラントを失う可能性があります。
歯ぎしり癖や食いしばり癖等の咬合異常がある方は、本人も気づかずにそれが原因で歯を失っているケースが多々あります。その場合は咬合異常を咬合治療によって改善するか、あるいは咬合異常からインプラントを守る処置(夜間のマウスピース装着)を行なわないと、短期間でインプラントを失う可能性があります。

吉田しげる歯科では、顎咬合学会の認定医が咬合のチェックと治療を行っています。
短期間でインプラントを失う可能性があります。について
治療費が高いです。
インプラントは治療費が高いです。ブリッジや入れ歯などの治療と比べ、治療費が高額になります。

しかし、治療後に得られる様々なメリットを考えれば、決して高くないと私は思っています。その証拠に吉田しげる歯科でインプラント治療を受けられた方は、治療前には「インプラントって高いんですね~。」とおっしゃいますが、治療後にはみなさん「高かったけど、やっぱりやって良かった。」とおっしゃります。

さらに詳しくはこちら

治療費が高いです。について

インプラントの長所

固い物でも何でも快適に食べられる。

入れ歯と違って固い物でも何でも快適に食べられるようになります。


インプラント治療前治療前
上の歯は1本もありません
インプラント治療後治療後
インプラント治療で歯が揃いしっかりと噛めるようになりました
固い物でも何でも快適に食べられる。について
違和感が非常に少ない。

治療後は、まるで歯ぐきから自分の歯が生えたかのようになりますので、違和感が非常に少ないです。


インプラント治療前治療前
前歯が折れて、このままでは人前で口を開けられません。
インプラント治療後治療後
インプラント治療で笑顔が取り戻せました。
違和感が非常に少ない。について
虫歯になりません。
インプラントはチタンという金属で出来ていますので、虫歯になりません。

吉田しげる歯科で採用しているインプラントは、世界的に流通しているスイスのストローマン社とドイツのアストラ・テック社のものです。それぞれ、ISO5832/II、ASTM F-67-00の規格を取得しているグレード4チタンを素材としています。
虫歯になりません。について
周囲の歯を保護します。
両隣の歯の負担を減らす意外と知られていない事ですが、インプラントは、周囲の歯を保護します。適切に治療されたインプラントは、天然の歯よりも噛む力に耐えられると言われています。歯を失った部分にインプラント治療を行なえば、両隣の歯の負担を減らす事ができます。



周囲の歯を保護します。について
骨がやせ細るのを防ぎます。

抜歯等で歯がなくなってしまうと、お食事で噛んだ時の振動が顎骨に伝わらなくなるので、顎骨がだんだんやせ細っていきます。
しかし、インプラントを顎骨に施術して人工の歯を作ると、自分の歯があった頃と同じように、お食事のたびに顎骨に振動が伝わります。そのおかげで顎骨がやせ細るのを止める事ができます。

さらに詳しくはこちら

骨がやせ細るのを防ぎます。について
日々の生活で踏ん張りが利くようになります。
日々の生活で踏ん張りが利くようになります。インプラント治療は、歯ぐきで支える入れ歯と違ってギュッと噛んでも痛みがありません。

ですから日々の生活で踏ん張りが利くようになります。(踏ん張る時には誰でもしっかりと噛み締めています。)

吉田しげる歯科でインプラント治療を受けられた方は、同年代の総義歯を使用している方と比べて、とても活動的です。(注:私のクリニカル・インプレッションです。)
日々の生活で踏ん張りが利くようになります。について
アンチエイジングにつながります。
アンチエイジングにつながります。私が今までインプラント治療を行なってきて感じる、インプラントの最大のメリットは何かというと、心身共に老けてしまわないという事です。

歯を失うということは寂しい事です。 失った歯を入れ歯等で補うと、どうしても年を取ってしまったなという気持ちになりがちです。
さらに入れ歯が噛みにくければ、楽しい団らんのひとときが失われてしまうかもしれません。

食事が毎日の『楽しみ』から『苦痛』に変わる瞬間です。

さらに詳しくはこちら

アンチエイジングにつながります。について

このページのトップヘ戻る