HOME » 一般歯科

一般歯科

虫歯には、歯を削る治療が必要でないもの、歯を削って埋めたりかぶせたりする治療が必要なもの、神経をとる治療が必要なもの、抜歯しなければならないものがあります。判断を誤って過剰医療を行うと、無駄に歯を削ってしまいます。また逆に過小医療を行うと、いたずらに治療の回数が増えたり、近日追加の処置が出てきて、結局二度手間になったりしますので注意が必要です。

虫歯治療

全て当院の治療例です

治療例(健保適用外治療)

細部にこだわった治療を行っています。

金属の詰め物や被せものの形は、天然の歯に酷似した形態が良いとされています。天然歯の噛み合わせ部分を良く見ると、非常にデコボコしています。

一般歯科治療前
治療前
一般歯科治療後
治療後

このデコボコがあるおかげで、食べたものが良く噛み切れます。この部分をツルツルに作った方が舌触りが良いので、ツルツルのものを装着された方が一見治療技術が高いような錯覚を受けてしまいます。
しかし、実際は食べたものを噛み切りにくくなりますので、長い目で見るとマイナスの治療です。

吉田しげる歯科では、このデコボコを忠実に再現することができる高い技能をもつ技工所に仕事を依頼しています。

治療例(健保適用外治療)
虫歯治療-治療例1-1.治療前
治療前
金属の詰め物の下に虫歯がありました。
虫歯治療-治療例1-2.治療後
治療後
コンポジットレジンという材料で治療しました。
治療例(健保適用外治療)
一般歯科事例治療前
治療前
前歯の裏側に虫歯があります。
一般歯科事例治療後
治療後
コンポジットレジンという材料で治療しました。

根管治療

虫歯が神経に達している場合等、痛みを取るために歯の神経を取り除きます。
またその後、歯根の中にガッタパーチャというお薬を詰める治療です。

根管治療を米国歯内療法専門医のレベルにできるだけ近づけるために

1. X線CT撮影02

従来から行っていたデンタルX線撮影やパノラマX線撮影等の2次元X線では、一定量以上の海面骨の吸収あるいは皮質骨の吸収がないと、病変が確認できませんでした。そのため、歯が疼く等の症状があっても、X線では全く問題が無いので、正確な診断ができないというケースが稀にありました。こういった場合、X線CTで撮影することにより、以前は見る事の出来なかった病変を確認できる事があります。

治療例1
根管02-01-治療前X線画像
治療前X線画像
歯に痛みがあるのに、正常に見えます
根管02-02治療前CT画像
治療前CT画像
CT画像で見ると、歯根の先に2カ所丸い影が見えます。膿んでいるサインです。

矢印

根管02-3.治療中口腔内
治療中口腔内
歯根管が4本見つかりました。
根管02-4.治療後口腔内
治療後口腔内
歯根の治療が終わりました。
根管02-05-治療後X線
治療後X線画像
歯根に詰めた材料がX線で確認できます。
治療例2
根管03-01治療前X線画像
治療前X線画像
歯に痛みがあるのに、正常に見えます。
根管03-02治療前CT画像
治療前CT画像
CT画像で見ると、歯根の先に1カ所丸い影が見えます。膿んでいるサインです。

矢印

根管03-03治療中口腔内
治療中口腔内
歯根管が4本見つかりました。
根管03-04治療後口腔内
治療後口腔内
歯根の治療が終わりました。
根管03-05治療後X線画像
治療後X線画像
歯根に詰めた材料がX線で確認できます。

歯科でのCT撮影と言えば、以前は被爆線量を考慮し、インプラント治療や下歯槽神経と近接した親知らずの抜歯等、外科治療前の撮影が主でした。しかし現在は様々な用途でCTの撮影を行っています。
それも低線量の歯科専用コーンビームCTのおかげです。

2. Endo-meterとNiTi-File用ハンドピース

niti.jpg全ての根管治療にEndo-meterを使用しています。また、Hand-Fileでは治療が難しい湾曲根管に対しては、NiTi-Fileを用いて治療を行っています。

3. Super-endo

super-endo.jpgCWテクニックで根管充填を行うときに使用する、根管充填用機器

注)CWテクニック:アメリカの歯内療法専門医が最も行っている根管充填法

メタルフリー治療

金属アレルギーを持っている方は、金属を用いた治療を行うと、手足に水疱ができたり、発疹が出たり等全身的な問題が生じます。そのため、アレルギーを生じる金属を使わずに治療を行っています。
※健保適用外

  • metal_before.jpg
    治療前
  • メタルフリー治療
  • metal_after.jpg
    治療後

このページのトップヘ戻る