HOME » 歯周病治療 » 治療の流れ

治療の流れ

基本概念として、歯周病の原因や修飾因子を取り除くのが歯周治療となります。

実際には以下の流れで治療が進められます。

検査および診断

歯周病の程度と、リスクファクターの程度を調べます。
  1. 歯周診査:歯と歯ぐきのすき間の深さ等をチェックします
  2. X線診査:顎骨の溶け具合をチェックします
  3. 口腔内写真撮影:歯ぐきの腫れ具合等をチェックします
  4. 咬合診査:噛み合わせの状態、歯の揺れなどをチェックします
  5. 細菌検査:必要に応じて細菌の種類を確認します

歯周基本治療

軽症〜重症まで、全ての方が受けなければならない治療です。
  1. 歯磨きがどの程度うまくいっているかのチェック
  2. 歯石取り
  3. 抗生剤の服用
  4. その他

再検査

再検査の結果、歯周病が完全に治っていれば、ここで治療終了し、定期検診に移ります。また、再検査の結果歯周病がまだ治っていないと判断されれば、歯周外科治療を行います。

歯周外科治療

歯ぐきを切開して、歯根をきれいにお掃除する治療です。

定期検診

歯周治療が終了したら、歯周病菌が減少し、お口の中はスッキリとした状態になります。
この状態を維持するために、歯周病が再発しないようにメインテナンスを行います。
メインテナンスでは、歯周診査・歯磨きチェック・歯垢除去・歯石除去・噛み合わせチェック・フッ素コーティング・歯のクリーニング等お一人お一人の状況に合わせて様々な事を行います。

このページのトップヘ戻る