HOME  »  吉田しげる歯科ブログ  »  診療室  »  山本先生

山本先生

昨日、FPRS勉強会の特別講演の演者として、NYでも一緒にお食事した山本英夫先生に来て頂きました。



山本先生はボストン大学歯学部の准教授であり、ボストン市内にプライベートの歯科診療所も持っている補綴(歯の被せもの)のスペシャリストです。



講演内容は『補綴の成功と失敗』というものでした。



見とれてしまうようなとても美しい治療ばかりでしたが、山本先生は何度となく『みんな美しい症例やカッコいい治療に目が行きがちになりますが、基本が大切です。』とおっしゃっていました。



===適切な知識を駆使して診断し、治療の計画をたて、 ===

===的確な技術でそれを実現する。          ===

===その結果が美しい症例となり、長期予後をもたらす。===



至極当然であるが、常にそれを実現するには毎日のたゆまない努力が必要です。



また『新しい材料や治療法が必ずしも良いとは限らない。エビデンスが重要です。』とも言われていました。



知識としても大変ためになる講演内容でしたが、

そのフィロソフィも素敵でした。



ためになる事がたくさんありましたので、

明日からの診療にぜひ生かしていかなければと思いました。



平日の夜の講演会でしたが、その後は焼き鳥屋さんで懇親会が催されました。



山本先生どうもありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://yoshida4618.com/mt4618/mt-tb.cgi/2076

コメントする

※コメントは承認制とさせていただいております

このページのトップヘ戻る