HOME  »  吉田しげる歯科ブログ  »  その他  »  焼鳥「吉」

焼鳥「吉」

みなさんこんにちは

今週はいかがでしたか?



2009年もあと25日で終わりです。

悔いの無いように過したいですね。



久しぶりに診療室からの眺めを写真に収めました。





街路樹が紅葉してきれいですね。





クレーンが林立し、博多駅の再開発も進行中です。



金曜日、いつものメンバーで大橋の「吉」という焼鳥屋さんに行きました。





先月初めて行ったのですが、とても良かったのでまた来てしまいました。



ここの焼鳥は塩加減と火加減が絶品です。“本当に美味しい焼鳥を食べたい”という方にオススメです。





真ん中の牧先生が持っているのは「チョウチン」というネーミングの半熟の黄身がついたクシです。食べると口の中で黄身がプツッと弾け、なかなかいける味です。

サービスで黄身を二つ付けてもらっていますが、普通は1個です。

4人で行ったのですが、みんな大満足でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://yoshida4618.com/mt4618/mt-tb.cgi/2213

コメント(2)

焼鳥、いいですねぇ。
食べたくなりました(^ ^)

診察室からの眺め...
実は私、小学校4年生の頃からこの風景を眺め始め(?)ました。
途中ブランクはあれ(歯医者さん自体に何年も行ってない期間も
あったので)、もうかれこれ、26年程同じ場所の歯医者さんに
通っていることになります。

しかし、周りのビルも当時からあったので、あまり変わってはないですね。

こんにちは、じんぱちさん!
26年も通っていたのですね、知りませんでした。

私はこの景色を見始めてまだ8年ですが、博多駅と郵便局が建て変わると、大きく変化しそうですね。

これからもいっしょに博多駅前という街を見守っていきましょうね。

P.S. 『吉』はホントに美味しいですよ!

コメントする

※コメントは承認制とさせていただいております

このページのトップヘ戻る