HOME  »  吉田しげる歯科ブログ  »  その他  »  ボジョレー解禁

ボジョレー解禁

みなさんこんにちは

11月の第3木曜日は何の日でしょう?

そう、ボジョレー・ヌヴォーの解禁日ですね。





そんな日なのに、私はスタディグループに参加していました。





演者はイタリア人のDr. Federico BrugnamiとDr. Alfonso Caiazzo です。



タフツ大学の歯周病科と顎顔面口腔外科出身の二人。

男前です。



それぞれ審美的なインプラント治療の為の新しい骨造成法(BPPテクニック)と、矯正治療に対するコルチコトミーの変遷について解説して頂きました。



コルチコトミーは多分今後もやらないかなーと思ったのですが、BPPは、なかなかおもしろい発想の治療法で、今後自分の治療に取り入れていくのも良いかも知れないな〜と思いながら聞いていました。



ボジョレーを振りきって、出席した甲斐がありました。



それに妻が忘れず買っていたので、家に帰ってから

ボジョレー・ヌヴォーもしっかり飲みました。





去年のイメージと比べると、香りが少し弱いかな〜と感じましたが

みなさんの評価はどうでしょうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://yoshida4618.com/mt4618/mt-tb.cgi/2266

コメントする

※コメントは承認制とさせていただいております

このページのトップヘ戻る